2009年05月04日

五十肩とは

五十肩とは肩関節周囲炎のことです。

昔は四十肩と言われていました。
40歳代以後によく発生し、男女差はほぼなく、50歳代を中心に、60歳代、40歳代の年齢の人に多く発生します。

肩関節(肩甲上腕部)の痛みと運動障害を引き起こす病気です。
診断がはっきりわかる肩関節の病気(例えば腱板〈けんばん〉断裂、石灰沈着性腱板炎)を除く1つの症候群で、凍結肩とほぼ同じ病気だそうです。

病気の原因ははっきりしませんが、何らかの原因で肩関節を上にあげる時に肩峰下滑液包(けんぽうかかつえきほう)や腱板などの動きが障害されると骨頭の動きが制限されて痛みを生じ、関節包の縮小を起こすことが肩関節周囲炎の病態と考えられています。

要は肩の関節をを取り巻く腱や関節の変形や断裂、癒着、炎症、石灰化により、特に腕の上げ下げをする時に肩の関節が痛む疾患です。

腕が痛くて上がらない、夜熟睡が出来ないなど、日常生活に支障をおよぼしますが、筋肉の硬化が取れて行けば回復しますので、あせらないで直してください。

痛みが治まり、今まで出来なかったことができるようになると、本当に感動します。
posted by 痛いの飛んでけ at 19:40| 五十肩とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。